みんなが使ってる妊娠線防止クリームのおすすめランキング

妊娠線の予防と対応の記録

初めて妊娠する前から、「妊娠線」という言葉は知っていましたので初期からマタニティグッズのネットショッピングで妊娠線予防のグッズを調べたりしていました。

 

しかし、知らない間に出来ていました…。お腹周りばかり気にしていた私ですが、どうやら太ももの裏にも出来ていたのです。お腹にしか出来ないものだと思っていたので、かなりびっくりしました。

 

初期から妊娠線予防として行っていた方法は、ソンバーユやシアバターをお風呂上りに擦り込んでいました。気が付いた時には、午前中なども塗るなどして一日に数回は使用すると効果が高いそうです。

 

しかし、何も知らない私は太ももに塗ることはしていませんでした。後から妊娠関連のサイトや口コミを見ると「太ももにも出来るので要注意」とありました。それでも結局お腹周りにも出来てしまいました。

 

急激に体重を増やすと出来やすい。乾燥肌だと出来やすい等聞きますがやはりその人の肌質によるところが大きいと思います。ただお腹があまり出ない人は妊娠線も少ないようです。

 

私は逆にお腹が前へ出やすい為、とてもたくさん出来てしまいました。

 

結局二人目の妊娠の時も出来ましたが、今ではだいぶ薄くなってきています。時間がたつにつれ目立たなくなるそうですが、やはり努力が大切だと思います。お風呂上りにボディクリームをつける習慣がなかったのですが、産後はドクターシーラボの?リペアオイルやヒルドイドローションを妊娠線が残る個所にしっかりすり込む習慣が出来ました。

 

リペアオイルもヒルドイドローションも、シミや湿疹・やけど等でできた痕を消す作用があります。何もしないよりは効果が出ていると思います。

 

妊娠線が見られて恥ずかしかったです

 

妊娠している時、同じく妊娠している友人にお腹を見られました。私は妊娠線があったので、見られたくなかったのです。でも友人に見られてしまったのです。友人はとても驚いて、あるものを紹介してくれたのです。それが妊娠線予防クリームでした。

 

友人が以前から使っていたものなのです。まだ遅くないから是非使ってみてと私にプレゼントしてくれたのです。友人のお腹を見せてもらいましたが、私よりも大きいのに妊娠線がありません。とてもびっくりしたのです。

 

妊娠線はみんなができるものと思っていました。それなのにないのです。予防をしていると、妊娠線ができないのです。

 

私は早速もらったクリームをつけてみました。冷たくて気持ち良いです。スーッと伸びて、肌に馴染むのです。使い続けるうちに、ひどく目立っていた妊娠線が薄くなっていきました。あったはずの妊娠線がなくなってきたのです。このクリームのおかげでしょう。

 

保湿と潤いを与えると、肌は生まれ変わるのです。それを実感しました。それがAFCのストレッチクリームでした。
産後の妊娠線におすすめのクリームでもあると思います。


このページの先頭へ戻る